和菓子好きも納得の日本で一番おいしいいちご大福!!

回紹介するのは鈴懸さんです。1923年創業の福岡に本店がある老舗和菓子屋さんです。こちらの和菓子はどれも品よく甘みが抑えめで食べるととても幸せな気持ちになります。特におすすめはいちご大福ですが、全体的にとても美味しいです。今回いただいたのは、栗きんとん、いちご大福、白あんのどらやき、松、竹、咲分、葩餅(はなびらもち)です。

まず栗きんとんからいただきましたが、こちらはしっとりとした、栗の味がたのしめるきんとんでした。

ただ栗きんとんに関しては、他の和菓子屋さんでとても美味しいお店があるので、そちらと比べると少し物足りないかなと思いました。栗きんとんに関しては、「松月堂」の栗きんとんが個人的に1番美味しく、おそらくどこのお店の栗きんとんより美味しいのではないかと思います。こちらのお店を少し紹介すると創業明治40年の老舗で、岐阜県に本店がある和菓子屋さんです。こちらのお店は特に栗きんとんが有名でこちらの栗きんとんの右にでる和菓子屋さんはないかなと思います。ネットでも購入できるので気になる方はぜひ購入してみてください。こちらから購入可能です。

次にいちご大福をいただきましたが、こちらのいちご大福は何度いただいても感動する絶品の和菓子です。上品な甘さの餡と甘酸っぱい苺が完璧なバランスで合わさった完璧ないちご大福です。またいちご大福に使われている白あんが絶妙で、豆の風味を感じる品の良さがあります。そして使用されている苺は瑞々しく、白あんに合うちょうどよい酸味があり、大福にぴったりです。大福は冬の季節にしか販売されていませんが、個人的に日本で一番美味しいいちご大福なので、ぜひ召し上がってほしい一品です。

餡も堪らなく上品!

次に葩餅ですが、求肥がつきたてのお餅のようにもちもちと柔らかく、甘みのある白味噌が入った白あんと合い新年に相応しい和菓子でした。

次に白あんのどら焼きですが、こちらは美味しいのですが、どら焼きは他にも美味しいお店があるので特にこちらのどら焼きが特別という印象ではありませんでした。個人的には有名なお店ではありますが、「亀十」さんのどら焼きが一番おいしいという印象です。

次に、松、竹、咲分の上生菓子についてですが、美味しいと思った順番でいうと一番が松、次に竹、咲分という印象でした。

咲分は梅をモチーフとした紅白の可愛らしい和菓子です。小豆の粒あんを紅白の山芋のきんとんで包んだお菓子で、よくいただく定番な和菓子といったお味でした。

竹は、白小豆の粒あんを抹茶の餡で包んで竹を表現した和菓子です。抹茶の餡が珍しく新鮮な印象でした。

松ですが、個人的にはこちらが一番美味しいと感じました。求肥をうぐいす餡で包んだ色鮮やかな松を表現した和菓子です。小豆が二つ飾りに乗っており可愛らしいです。緑のうぐいす餡の中のもちもちとした求肥の組み合わせがとても斬新で美味しかったです。

以上、鈴懸さんの和菓子についてのレビューでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です